洛中洛外 虫の眼 探訪

緊急速報 /市中六つ目の「几号」発見
1緊急速報・几号発見
緊急速報
疎水工事に際して刻られた「几号」発見

 また偶然の幸運がやってきました。
 琵琶湖疎水工事に際して石塔に刻み付けられた「几号」が、新たに見つかりました。2妙伝寺几号京都市中で、再発見された伏見街道第三橋親柱の几号についで、六ヶ所目です。場所は東山二条の妙伝寺の境内にある「南無妙法蓮華経」の石塔の北西面最下部です。

 2015年3月5日付け京都新聞の『明治期の測量記号残る、貴重な近代遺産 「都草」メンバー発見』という記事を読まれた都草の須田清司さんが、伏見街道第三橋親柱の几号を再発見された同じ都草の武富幸治さんに連絡され、明るみに出ました。さっそく、武富さんが確認にいかれました。
 「几号」は東山二条の交差点南東の舗道から、妙伝寺の白壁越しに目にできます。多くの人が行き来する場所であり、今まで見落とされてきたのは不思議ですが、今までにない高い位置にあったことも一因でしょう。几号が刻された当時、当該の石塔がこの場所にあったのか、また、今のように高い台座の上に設置されていたのか疑問が残っています。
 なお、この石塔の最上段の台座には「明治十四年十一月」の日付が彫ってあります。疎水工事は、明治18年1月29日政府の起工特許を受け,同年6月に着工しいますから、疎水工事のための几号として矛盾はありませんね。明治23年3月に大津から鴨川合流点までが完成しています。
 東山二条という場所柄(疎水から150mほど西)からして、「訂正琵琶湖疎水要誌」に記載されている本線番号12の「二条通寺裏」のものだと推定されます。参考のため、疎水建設直後で、まだ疎水の水路が記載されていない明治22(1889)年測量の陸地測量部の20,000分の一の地図と疎水が記載されている大正11(1912)年の都市計画図、及び現在のGoogleマップの三種類の当該エリア地図上に石塔位置をマークしたものを下にかかげておく。各地図をクリックを拡大してみてください。
3明治22 4大正11 5Google 2017

 設置当時は、まだ南北に1本貫かれた東大路通は開通していません。東寺町通は二条通で行き止まりです。大正11年には、東大路通に市電東山線が走っています。開通は大正2年。当然、東寺町通は拡張されたでしょうが、西側が拡張され東側はそのままだったようです(仁丹樂会のブログ記事「市電東山線の開通」に詳しい)。
 こんな歴史の中で、几号が刻された「南無妙法蓮華経」の石塔はどう動いたのでしょうか、それとも元々ここにあった石塔のこの高い位置に几号が彫られたのでしょうか、知りたくなりませんか。
 ご意見、情報、感想その他なんでも書いて送ってください。



読後の感想、ご意見大歓迎、どしどし送って下さい。

御名前:
メール:
件 名:
本 文:


































スポンサーサイト

WWWに残った足跡
3Erikaの足跡

Erika de Poorter(1943〜2014.10.21)

1Erika_inmemoriam.jpg
( )内の英訳と写真は、筆者が勝手に付け加えたものである。

 
inmemoriam_be というオランダ語のサイトがある。新聞に載る死亡広告のウエッブ版みたいなものである。ここに Erika de Poorter の逝去を伝える記事が載った。2014年10月のことである。
 それによれば、1943年9月2日にブリュッセル近郊のElseneに生まれ、2014年10月21日にオランダのLeiden(レイデン、あるいはライデン)でなくなった。連れ合いの Dik von der Horstさんと4人の兄妹(3人の妹と1人の弟さん)とその子供たちの名で、「近親者で静かに荼毘に付しました」というようなことが書いてある。彼女はJapanologe(Japanologists, 日本学者)だったことが分かる。
 もう少し詳しい経歴が、EAJS(Eropian Assosiation for Japanese Study)のサイトに掲載されていた追悼文から知れる。それを手掛かりに彼女の足跡をさぐってみよう。
 12世紀より栄えたベルギー有数の古都であるGent(
ヘントあるいはゲント。オランダ語の綴りは Gent [ʝɛnt]、仏語は Gand [ɡɑ̃]、英語ではGhent [ˈɡɛnt]、古くは Gaunt とかいた)の大学で日本語を学び、卒業して日本の文部省の奨学金で2年間日本に留学した。半年の大阪外国語大学(当時)で日本語に磨きをかけて、京都大学の言語学の研究室で学んだ。留学中は日本文化に傾倒する。特に「能」に興味をもち、ある意味で彼女のその後をきめたとも云えよう。
 帰国後はオランダのLeiden大学で学位を修得し、同大学文学部日韓研究所の日本語学科(1855年開設、欧州最古)で、Frits Vos大先生の助教授に採用された。2014年定年するまでそこで教えていた。
 2申楽談儀その間、何度も来日し、法政大学の野上記念能楽研究所の表章先生のもとで研究を続け、1983年、元能(もとよし、世阿弥の次男)の筆録「申楽談儀」を翻訳した。これが博士論文となった。
 表章大先生は、岩波文庫の「申楽談儀」(校注・解説)を1960年4月に出版されており、1983年7から9月 オランダのライデン大学に短期留学されている。3年後に、彼女は『Zeami’s Talks on Sarugaku』 (Japonica Neerlandica, vol. 2)を出版している。
3Erika_ハウステンボス 追悼文には記載されていないが、彼女は、ハウステンボスのライデン大学の日本学科の分校「ライデン大学ハウステンボス校」に1993年に着任し、一年間、九州に滞在していた。この分校では毎年20人の学生がパレスハウステンボスの東ウイングにある校舎で、日本語や日本文化について学んでおり、日本人による特別講義も行われた。例えば、こんな演題で 「The garbage crisis in Japan: ゴミを通して見た日本」
 ハウステンボスはあくまでも観光施設であり、学生たちは、さまざまなイベントに駆り出され、オランダ文化の紹介と称して、体よく利用されていた面もある。しかし、こんな声もあった。
「当時ハウステンボスの中にライデン大学の分校があり、(1998年、オランダ・ライデン大学の2年生だったとき)留学生としてやってきました。ハウステンボスでは観光客を相手にイベントクルーとしての経験をさせてもらいました。日本語を実線で学ぶことができました」(アリタノヒビキ、6号,2017年3月)
 その後、定年するまで、能・狂言の他にも歌舞伎や文楽など日本の演劇一般に関する研究、日本文化の啓蒙活動に携わってきたが、これらについては、追悼文に詳しく記載されているから、端折る。 4Vos1950.jpg
 2000年に彼女のボスのVosがなくなって、彼のために、追悼記念論文集「As the twig is bent…, Essays in Honour of Frits Vos」を編纂したのは彼女であったが、……。 
5Honour_of_Frits_Vos.jpg

 Erikaの現役時代の最大の関心が「能」であったことに間違いはないが、一方で、歌舞伎と現代日本の演劇にも興味をもち、日本のテレビドラマ、特に「昼ドラ(soapseries)[註]」を好んで見ていた。 授業中、この話になると眠っていた若い学生たちも眠気を覚ますことを知って、彼女は日本の「soapseries」の授業も喜んでやっていたという。 これで、もう一つの出版物「De wind uit de hoofdstad: soapseries in Japan」( Decorum, 2000)をものにしている。

[註]「昼ドラ」というのは石鹸・洗剤メーカーがスポンサーに就く事が多い為、米国では「soap opera」(ソープオペラ)と称されているものである。これは、主婦に商品を売りたい石鹸洗剤メーカーの意向とも言われるが、アメリカにおける初期のソープオペラに石鹸会社の話があったのが本当の理由であるともいう。日本では、TBSで放送されていた『愛の劇場』には花王が、および東海テレビ制作の昼ドラにはP&Gが、フジテレビの『ライオン奥様劇場』にはライオンがスポンサーとなっていた。

6心・門 定年後、特筆すべきことは、夏目漱石の「ぼっちゃん」や「我が輩は猫」でなく「心」と「門」を翻訳したことである。
 彼女の日本文化の深層に関する理解の深さなくしては、実現しなかったろう。

参考のためにEAJSに掲載された追悼文
 『IN MEMORIAM: Dr. E.G. (Erika) de Poorter』
の原文を下にか載せておく。
7eajsのsite logo
IN MEMORIAM: Dr. E.G. (Erika) de Poorter

It is with great sadness that the EAJS learns that Dr Erika de Poorter passed away on 21 October 2014. Erika served as the treasurer to the EAJS from 1991 to 1995 and provided invaluable service to the association during an important period in our history. She was also a most regular participant in the EAJS conferences and a staunch supporter of the performing arts section. She will be greatly missed by us all.
Berlin, 17-11-2014
Bjarke Frellesvig, EAJS President

The following obituary was written by our colleagues in Holland, Ivo Smits and Wim Boot.

On October 28, we were informed that our long-time friend and colleague Erika de Poorter had died on October 21, after several years of an unequal struggle against cancer. We loose in her a dear friend, a beloved colleague, and a great scholar.
 Erika was born in 1943 in Elsene, in the outskirts of Brussels. She studied Japanese at the University of Ghent, then went to Japan with the usual two-year Monbushō grant where she studied in Osaka and Kyoto. After her return from Japan she came to Leiden, where she finished her studies, did her doctoral examination, and was appointed in 1971 as an assistant of Prof. Dr. F. Vos, teaching Japanese in the Department of Japanese and Korean Studies of Leiden University. She taught there until her retirement in April 2004.
 Erika was a specialist of the Japanese theatre, more specifically of Nō, which she studied with Prof. Omote Akira of the Nōgaku Kenkyūjo of Hōsei Daigaku. In June 1983 she defended her Ph.D. thesis on Motoyoshi's Sarugaku Dangi. A description and assessment with an annotated translation. Three years later, it was re-issued under the title Zeami's Talks on Sarugaku (Japonica Neerlandica, vol. 2). She was also involved in organising performances of Japanese Nō groups in The Netherlands, published a number of Dutch translations of Nō and Kyōgen pieces (De Kraanvogel en de schildpad, 1978; "Ukai, de aalscholvervisser," 2010), and a short introduction, also in Dutch, entitled Nō: het klassieke theater van Japan (2001). Her work was not restricted to the Netherlands, however. She also participated in Europe-wide research in the field of the Japanese theatre, as is apparent from her contributions to Maske und Kothurn, "Nō which is no Nō: The Ritual Play 'Okina'" (1989), and to Japanisches Theater: Tradition und Gegenwart, "Sakrale Aspekte im Nō: Schamanismus un Tabu" (1990). After her retirement, Erika translated two of Natsume Sōseki's novels, Kokoro and Mon, into Dutch, which were published in 2013.
 Although Erika's specialty was Nō, she was also interested in Kabuki and in the modern Japanese theatre. When it turned out that the tastes of the students ran in that direction, she was also willing to teach classes on Japanese soap series. This resulted in another publication, “De wind uit de hoofdstad: soapseries in Japan” (in Decorum, 2000). As a teacher, she principally taught classical Japanese (literature), including classes on hentai-gana.
 Erika was active as a member of the board of the European Association for Japanese Studies (1991-1995). She also served for several years as chair of the Netherlands Association for Japanese Studies (1997-2002).
 We gratefully remember her contributions to the study of Japan, to the tuition of our department, and to the running of the university institutions and scholarly associations that form part of Japanese Studies.

Leiden, 31-10-2014
On behalf of the Japan Studies programme, Leiden University
Ivo Smits
On behalf of the Netherlands Association for Japanese Studies
Wim Boot



 ウエッブ上で見つけたErika de Poorterの名が出てくるオランダの雑誌記事を2つほど、英訳を付して載せておく。
 まず、オランダの全国紙 NRCのウェブ版の記事。これから、Erika de Poorterの「心」の翻訳にたいする記事の書き手の評価が知れます。

Listig gewonnen, maar als mens verloren

De schrijver wiens levensloop parallel liep met het Meiji-tijdperk (1867-1916), liet het literaire monument ‘Kokoro’ na. Nog steeds zorgt deze gelaagde roman voor debatten, en voor een absurd gezelschapsspel.
Auke Hulst 5 december 2014
Precies 100 jaar geleden verscheen in Japan een roman die nog altijd tot de belangrijkste in het taalgebied wordt gerekend: Soseki Natsume’s Kokoro. Buiten Azië is Kokoro, wat ‘hart’ betekent, echter minder bekend, terwijl het door de universele thema’s toch relatief goed invoelbaar moet zijn. In dit jubileumjaar heeft Luk van Haute een nieuwe vertaling gemaakt, terwijl ook een recente, iets minder vloeiende vertaling door Erika de Poorter op de markt is, uitgegeven door HaEs Producties. Soseki is in 1916 overleden, waardoor het auteursrecht op zijn werk al enige tijd verlopen is. Vandaar.
(以下略)

(英訳)
Winning artfully but lost as a human being

The writer whose course ran parallel to the Meiji era (1867-1916) left the literary monument 'Kokoro'. Still, this layered novel makes for debates, and for an absurd company game.
Auke Hulst 5 december 2014
 Just 100 years ago, Japan appeared a novel that is still considered the most important in the language area: Soseki Natsume's Kokoro. Outside Asia, however, Kokoro, which means "heart", is less known, while the universal themes still need to be relatively well feasible. In this jubilee year, Luk van Haute made a new translation,while also a recent, slightly less fluent translation of Erika de Poorter is issued by HaEs Productions. Soseki died in 1916, causing copyright to work for some time.
(以下略)



10TRC_Leiden.jpg 次は、ライデンにあるTextile Reserch Centerのホームページにあった記事。Erika de PoorterがTextile Reserch Centerに寄付した「袴」についての書かれたものである。

Hakama from Japan: An intriguing new acquisition for the TRC collection
11袴1
A few days ago the TRC was able to acquire a small collection of Japanese garments that used to belong to Dr Erika de Poorter, who was a specialist of the Japanese Noh theatre at Leiden University. Among the various kimonos, there was a special item, namely a divided skirt (hakama) in dark red silk. Hakama are still worn by men as part of the traditional outfit for special and formal occasions; the red cloth of our hakama, however, suggests that the trousers were made for a woman. Hakama are worn by musicians and stage attendants of the Noh theatre, but this is still very much a man’s world and it is not likely that Erika picked up her hakama in this context.
But women do wear hakama on certain occasions. Miko (Shinto shrine maidens) wear the same outfit as their male counterparts, but in different colours. Women who practice traditional martial arts, such as kendo and 12袴2archery, also wear hakama, but usually in the ‘male’ grey, black or dark blue. Finally, hakama are worn by women at university graduation ceremonies, often with Victorian-style booties. When compulsory education was introduced in Japan at the end of the 19th century, boys were soon required to wear military-style uniforms. Girls, however, still wore kimono. Because this was far from practical, the hakama was introduced for them: it looked like a skirt, but offered pant-like functionality. The graduation hakama is a nostalgic reminder of these early days of female education.
(1 February 2016)

 彼女自身、日本に滞在中には、機会があれば「着物」を楽しんで身につけていた。写真は旅行中の旅館でのスナップである。(1998年3月)。
エリカ&伸江
クリックすれば大きくなります

留学時代のErika de Poorter(クリックすれば大きくなります)
13富士登山 14下宿にて

 日本留学から帰国してほどなく、Spiegel Histriael誌の日本特集号に彼女の「能小論」が掲載された。1970年に開催された大阪のEXPO'70を記念してこの特集号が組まれたものと思われる。オランダを代表する蒼々たる日本学者の面々に混じっての執筆である。七人の執筆者の中で彼女が一番若く、将来を嘱望された新進気鋭の日本学者であったことが知れる。最終ページに執筆者の簡単な経歴と論考中に挿入された写真類の出所がまとめて記載されていた。Erika経歴・Spieger
「Gent大学卒業後に京都大学に留学、現在ライデン大学で博士論文準備中」と簡単に紹介されている。また、彼女が使用した写真はすべて日本留学中に著者が撮影したものであるように記載されているが、生前に本人から聞いた話では、その中には、ghost photographyによるものが1、2点含まれているようだ。下右の論考冒頭の写真もその一つである。
15SpiegelHistriael.jpg

尚、文中のオランダ語の英訳は、すべて「Google 翻訳」によったことを御断りしておく。使えなくはないですよね。
オランダ語翻訳



 
紙飛行機
クリックすればメール・ホームが開きます。
本記事に対するご意見を下さい。     














































WWWに残った足跡
2吉田登

吉田 登(1943〜2009.1.22)

1私学ニュース ボイックス株式会社の「私学教育ニュース」というサイトに左のような記事が掲載されていた。毎日新聞の2006年11月28日付け記事の転載である。
 これによると、吉田登氏が理事長を務める京都インターアクト美術学校は、経営母体の学校法人インターナショナル学園が京都精華大に吸収合併されたあと、3年後の2009年3月に、閉鎖されることを伝えている。
 2009年の「インターナショナル美術専門学校」の同窓生の「コミュ」を覗くと、その中に下のような記事があった。


2京都インターアクト美術学校:mixi
mixiユーザー
2009年03月18日 09:18
このコミュの管理人ですがなにも管理人らしいことができてなく 申し訳ない。
管理人らしく催しの案内くらいはと・・・
この3月末で我らが母校がなくなります。
それで同窓会というか卒業生の集いがあります。
ハガキとかなにも案内は来ません。
「来たければ勝手に来い!」とのこと。
といかにもインターらしいですな。
それでも、気になる方は学校なり高田先生にでも電話してみてください。
高田さんに電話しても「来たかったら勝手に来い」と言うと思いますが…
みんな行くの?
行きたいけど、仕事の関係で行けんわ・・・

[5] mixiユーザー
2009年03月18日 19:35
残念ながら行けません。
先日亡くなられた吉田先生の追悼会もかねるそうですね。
ここにいらっしゃる方々とも御逢い出来る機会だったかも知れませんが
行けないのが残念です。


この2ヶ月前に下のような記事に出くわした。

mixiユーザー
2009年01月23日 01:16
1月22日早朝、吉田先生がお亡くなりになられました。
肝臓がんだったそうです。
浜大津シティホールにて23日がお通夜、24日がお葬式になります。
電報など打ってもらえれば…と連絡がありましたので、念のためにご連絡致します。
管理人様、不適切であれば削除願います。
よろしくお願いします。


以下この投稿に対して、吉田登先生の思い出を記したコメントが、いくつもみられた。ちょっと長いが、彼の人柄を偲ばせるコメントの数々を掲げる。

[1] つる
2009年01月23日 15:57
ちゃこさん
ご連絡ありがとうございます。
私は吉田先生とは面識がありませんが
インター関係の方がお亡くなりになられたこと、
たいへん寂しい想いがいたします。
お時間許す方、どうぞお見送りしてあげてください。
心より御冥福お祈りいたします。

[2] ポンにゃ
2009年01月24日 16:55
ちゃこ さま
吉田先生とは、
吉田豊先生でしょうか?
吉田登先生でしょうか?
教えて頂けたらと思います。

[3] ちゃこ
2009年01月25日 02:16
つるさん。
すんません。ありがとうございます。
ポンにゃさん。
吉田登先生です。
めがねかけた、音楽好きで、猫好きの。
私のプロフをご覧頂ければ幸いですが。
私は嵯峨美からの編入組なのですが、嵯峨美で担任だった先生と吉田先生がご友人であったらしく、編入してからいろいろと気を使っていただきました。

[4] ポンにゃ
2009年01月26日 22:27
ちゃこ さま
あ…登先生ですか…
先生にはいろいろと話を聞かせて頂きました。
今頃ではありますが、かなりのショックを受けております。
顔も声も思い出せます。
卒業してからはあまりお会いする機会も無かったのですが…。
教えて頂いて、ありがとうございました。
何かの機会に、お悔やみを伝えられたらと思います。
あとで、ちゃこさまのプロフへお邪魔させて頂きます。
宜しくです。

[5] ちゃこ
2009年01月26日 23:09
ポンにゃさま。
吉田先生は最後は沖縄民謡に揺られながらお空に帰って行ったそうです。
学校の近所のホワイトハウスで一緒に吉田先生とご飯を食べた事があるのですが、
さとうきび畑をおだやかに歌われてた事が思い出されます。

[6] ポンにゃ
2009年01月27日 23:36
ちゃこ さま
そうですね。
とても穏やかな方でした。
痛みがなくて、好きな音と一緒にお空へ旅立たれたなら、
それはそれで、良かったのでしょう。
素敵な先生でした。

[11] やまもっちん2
2009年03月24日 02:28
はじめまして。
僕は絵画だったので・・・
顔の四角い吉田先生の教え子です・・・
突然の話でショックです。
かげながらご冥福お祈りいたします。

[12] ちゃこ
2009年03月24日 22:46
やまもっちん2さま。
吉田先生は私の代にはいつもニコニコされていました。
課題で「自分の為に存在する机」というのがありまして。
私は「日時計机」を作ったんです。
机だけじゃだめだと、椅子も作ったんです。
吉田先生がその椅子に座って、見事に椅子がブッツぶれ吉田先生はドリフなみのおおずっこけをしてくだされ、私の作品をぶっつぶしたと・・・・・・・。
今となっては清い思い出です。
(当時はむろんブチ切れました)

[13] ちゃこ
2009年04月30日 22:07
吉田先生。
1997年インターディのお姿。 歌を大きな声で唄ってはってでした。
4吉田先生23吉田先生1


[14] ポンにゃ
2009年05月01日 19:08
あ~吉田先生だ!お久しぶりです。懐かしいです。
ほんと、優しい目をされてた方ですよね。
ヨーロッパの木のおもちゃの本、借りたままです。
いいよ~持ってて…って言って下さった声が思い出されます。

[15] ちゃこ
2009年05月07日 00:14
ポンにゃさま。
吉田先生、むっちゃノリノリ♪でした。
ついでに言うと中津先生もノリノリで琵琶湖眺めながら忌野清志郎(?)RCサクセション(どっち名義なんやろか?)の「サントワマミー」唄っはりました。
私は中津先生が急に唄いだしたので、かなりびびった記憶があります。
後日、中津先生は若かりし頃に「トイレット・ペッパーズ」なるバンド活動をなさっていた云々お話を伺いました。


 上野伊三郎・リチ夫妻が1963年に設立した「インターナショナルデザイン研究所」は、吉田登が理事長だったときに、閉校を余儀なくされ、2007年度からの学生の募集を中止した。そして、2009年3月31日をもって閉校したわけであるが、その直前の1月22日に、吉田登は、閉校を見ずしてこの世を去った。この2年間の彼の苦労が偲ばれる。
 葬儀が営まれた浜大津は厳寒の中にあった。式も終わり間近になって、身売り先(?)の京都精華大学の当時の学長中尾ハジメが、寒風をついて駆けつけるのが目撃された。
 「京都インターアクト美術学校」の名で亡くなった「インターナショナルデザイン研究所」の沿革を下に掲げる。

京都インターアクト美術学校 沿革
1963 年 インターナショナルデザイン研究所創立(所長上野伊三郎)。
     京都市左京区下鴨北園町にある彫刻家:故清水礼四郎のアトリエを教室に本
     科学生7名を迎え、上野伊三郎リチ夫妻と協力スタッフ9名の体制で開学。
1964 年 京都市左京区下鴨宮崎町へ教室を移転。
1965 年 京都市左京区田中東春菜町へ教室を移転。
     <鉄工所跡建物を教員・学生の手で教室に改造>
1966 年 本科2年に加えて専攻科1年を設置。
1968 年 創設者上野リチ逝去。
1970 年 鉄骨造2階建の新築校舎竣工。
1971 年 学校法人インターナショナル学園設立認可。
     インターナショナルデザイン学校へと改称。
1972 年 創設者:上野伊三郎逝去。吉村午郎が学校長に就任。
1976 年 専修学校制度によりインターナショナル美術専門学校へと改称。
     本科を3年制としその上に専攻科1年を置く改組。さらに本科を美術科、
     専攻科を美術専攻科へと改称。
1977 年 創立15周年記念講演開催。
      <講演者:ハインリヒ・タウト、演目:ブルーノ・タウトとの思い出>
1983 年 4階建・地下1階の新築西校舎竣工。
1986 年 吉村午郎が学校長を退任。佐藤義雄が学校長に就任。
1987 年 <リチ・上田=リックス>展開催(於:比燕荘) 
     京都市・ウィーン市・オーストラリア大使館など後援。
1988 年 佐藤義雄が学校長を退任。土肥美夫が学校長に就任。
1989 年 土肥美夫逝去。林剛[註]が学校長に就任。
1991 年 木造2階建の増築南校舎竣工。
1993 年 京都インターアクト美術学校へと改称。 「インターナショナル美術専門
     学校・30 年の記録」発刊。
1994 年 新カリキュラム開始。
2004 年 創立 40 周年記念出版事業。Method STAGE-A「美術教育の実践記録」
     発刊。
2007 年 2009 年 3 月の閉校決定。入学募集停止。
2008 年 学校法人の合併・解散。
     学校法人インターナショナル学園は学校法人京都精華大学が吸収合併。
     創立 45 周年記念出版事業。
     kisa DOCUMENTS STAGE-B/C「美術教育の実践記録」発刊。
2009 年 「京都インターアクト美術学校・1963-2008」発刊。
     2009 年 3 月 31 日をもって閉校。
          (典拠資料:「京都インターアクト美術学校・1963-2008」)

[註]京都インターアクト美術学校の最後の校長林剛氏は、自らアーティストとして活躍しながら長年にわたり、こどもたちのための絵画教室を主宰してきた。こどもたちが身体をふんだんに使っておこなう表現からは必ず素晴らしいものが発見できるというのが持論である。


京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)の教授だった上野伊三郎は、ウィーンのヨーゼフ・ホフマンの建築事務所でリチ(Felice Lizzi)と出会い、結婚した。ふたりの創作活動を紹介する「上野伊三郎+リチ コレクション展 ウィーンから京都へ、建築から工芸へ」と題した展覧会が、京都国立近代美術館で2009年1月6日(火)〜2月8日(日)に開かれた。本展の出品作品の核となったのは、京都インターアクト美術学校旧蔵の全作品と資料で、2006年度に京都国立近代美術館にまとめて寄贈されたものである。上野伊三郎・リチ夫妻の事績について同展覧会の解説に詳しい。参考のために下に掲げる。

5伊三郎・リチ展覧会ポスター
展覧会について
わが国のモダニズム建築の揺籃期に、関西初の建築運動となった「日本インターナショナル建築会」を組織した上野伊三郎(1892-1972)は、ブルーノ・タウトを日本へ招聘した人物として、上野リチ(Felice "Lizzi" Ueno-Rix, 1893-1967)は、伊三郎と1925年に結婚後、日本へ渡り、ヨーゼフ・ホフマン率いるウィーン工房で培った創作理念をわが国へもたらした人物として、それぞれ日本の近代建築史やデザイン史に名前が刻まれつつも、ふたりの活動の全容はこれまでほとんど知られてきませんでした。
今春、目黒区美術館では、「上野伊三郎+リチ コレクション展」を開催し、上野夫妻の知られざる足跡に光をあてます。
本展の出品作品の核となるは、2006年度に京都国立近代美術館にまとめて寄贈された上野夫妻の作品資料群(京都インターアクト美術学校旧蔵)です。京都インターアクト美術学校は、1963年に上野夫妻が創設したインターナショナルデザイン研究所(のちにインターナショナル美術専門学校と改称)を前身にもち、小規模ながらも特色ある教育を行ってきた美術教育機関です。そして同校には、伊三郎の未公開の建築図面をはじめ、貴重な図書とともに、リチの作品のほとんどが、長年にわたり大切に保管されていたのです。さらに、この中には、「日本インターナショナル建築会」の機関誌『インターナショナル建築』も全29冊揃って含まれるなど、本作品資料群は、まさに「幻のコレクション」といっても過言ではありません。
本展では、この“コレクション”を中心に、上野伊三郎・リチ夫妻の活動の足跡を四つの章でたどります。
本展は、「ウィーン=京都」の両都市間で開花した上野夫妻の創造実践を、建築・デザイン・工芸などジャンルを横断した視点で再考し、あらためて綜合的にふりかえる貴重な機会となるに違いありません。

本展の構成
第1章 上野伊三郎・リチのウィーン
京都に生まれた上野伊三郎は、早稲田大学で建築を学んだ後、ドイツについでウィーンで学びました。そして、1924年8月から11月まで、ヨーゼフ・ホフマンの建築事務所に勤務します。一方、ウィーンに生まれたリチは、1917年よりヨーゼフ・ホフマンが主宰するウィーン工房に入り、テキスタイルや陶器、ガラス、七宝など幅広いジャンルのデザイナーとして活躍していました。そして、伊三郎とリチはウィーンで出会い、1925年に結婚したのです。
第1章では、リチが制作した水彩画をはじめ、1920年代のウィーン工房時代に制作されたテキスタイル・デザインの原画、そして「リックス文様」と呼ばれたプリント地の原画や、代表作のひとつでもあるドイツのザルブラ社で製作・販売された壁紙のシリーズなどのほか、復活祭で使用される珍しい砂糖菓子のデザインや装飾品の水彩原画などを紹介いたします。リチのウィーンの感性にあふれる作品を通して、伊三郎も強く惹かれ、生涯変わることのなかったその創作の源泉を探ります。また、ウィーン時代に伊三郎が模したと思われる貴重な図面も紹介します。

第2章 上野伊三郎と「日本インターナショナル建築会」
ウィーンからリチとともに帰国した伊三郎は、1926年、京都市上京区竹屋町に「上野建築事務所」を開設しました。建築設計や監督、美術工芸図案を主な業務とし、リチはその美術工芸部主任として伊三郎の建築の仕事を支えてゆきます。そして、伊三郎と本野精吾ら関西のモダニズム建築家たちが集まり、新たな建築運動を立ち上げようという気運が熟し、1927年7月、この事務所で、上野伊三郎を代表者として「日本インターナショナル建築会」が結成されました。これは関西の地から、国内外に広く発信された初の建築運動となりました。
伊三郎・リチの海外でのネットワークも駆使して、外国会員にはブルーノ・タウトやヨーゼフ・ホフマン、ペーター・ベーレンス、ヴァルター・グロピウスらが加わりました。そして1929年8月に、機関誌『インターナショナル建築』を創刊します。さらに、1933年5月には、同会の招聘によってブルーノ・タウトが来日したことは周知のことでしょう。
第2章では、 機能性や合理性に基づく、いわゆるモダニズム建築を目指しながらも、わが国の気候風土にも適するよう「ローカリティ」という概念を導入した独自の姿勢を表明し、「建築を中心にして人間生活に関わるすべてを含む」という、壮大なヴィジョンをかかげた 「日本インターナショナル建築会」について、機関誌『インターナショナル建築』を全巻紹介しながら、光をあてます。

第3章 上野伊三郎とリチの京都
結婚後、京都に活動の場を移した上野夫妻は、市内の個人住宅をはじめとした建築の仕事を夫妻協同で行ってゆきます。1936年から3年間は群馬県工芸所へ、1939年から翌年までは夫妻で満州に赴きましたが、第3章では、本コレクションを構成する作例が、ほとんど京都で制作されたものであることから、伊三郎とリチにとっての京都という視点に焦点を絞り、その足跡をふりかえります。伊三郎が手がけた《島津邸》などの設計図面を展覧するともに、リチが取り組んだ工芸作品をご紹介します。
特に、リチがウィーンでも試みていた七宝やプリント地は、京都の技術を取り入れることで表現の幅が広がりました。色彩は、ウィーン時代よりも明るく鮮やかになり、モチーフも明確な形態が採用されているなど、リチの創造の新たな展開がうかがえます。
また、この時代、上野夫妻はそろって京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)工芸科に奉職し、「工芸教育」に精力を傾けてゆきますが、夫妻の創造理念は、続くインターナショナルデザイン研究所にも活かされていったのでした。

第4章 建築から工芸へ
伊三郎の建築家としての活動面は、現存する作例が極めて少ないこともあり、これまで詳しく知られてきませんでした。また、大学での教育活動が物語るように、リチを支えながら工芸の領域へと傾いてゆきましたが、しかし、その根底には、建築を綜合芸術の中で捉えるという伊三郎の変わらぬ姿勢があったといえるでしょう。
本コレクションには、上野夫妻の「建築と工芸」の共同作業ともいうべき、スター食堂系列店舗や京都市役所貴賓室の内装デザインなどの貴重な設計図面やスケッチが数多く残されていました。そして、上野夫妻とも交流のあった建築家・村野藤吾も、リチのウィーンの感性あふれる作風を愛した一人で、しばしば自身の建築内装にリチ・デザインを取り入れました。
本章では、夫妻の戦前の代表作《スターバー》や、戦後のリチの代表作である村野設計・日生劇場地階のレストラン〈アクトレス〉のための壁面装飾関連の作品やスケッチなどを展覧します。これらの室内装飾では、リチの生涯を貫く造形理念である「ファンタジー」を基調とした感性が見事に示され、工芸と建築の綜合化が実現されています。
『インターナショナル建築』の創刊号(1929年)には、その巻頭ページに意表をつくように、リチの壁紙図案のカラー図版が掲載されていました。また、第Ⅳ章で示す建築内装のような装飾的な作例は、バウハウスに象徴されるいわゆるモダニズム感覚とは相容れないように思われます。しかしながら、伊三郎と リチは、その若き日に、むしろウィーンで花開いたアール・ヌーヴォーからウィーン工房へという展開を実体験していました。さらに夫妻の共通の師といえるヨーゼフ・ホフマンも、家具、照明器具、壁紙、工芸、装身具、テキスタイルをはじめ、実に様々な作品を手がけ、それが「綜合芸術としての建築」という理念に結晶したのでした。
上野伊三郎とリチにとっての「建築から工芸へ」という創造展開は、「ウィーンから京都へ」という創造拠点の移行とともに再考すべきテーマでもあるでしょう。



京都インターアクト美術学校跡は今どうなっているのか。それが知れる面白いサイトがある。題して『カイホウされる旧校舎』。
6京都トンガリエステートロゴ 京都トンガリエステートという不動産サイトの記事である。興味があれば同社のロゴをクリックしてみてください。
7BeforeAfter.jpg


 最後に、吉田登自身の作品を一点紹介しておこう。
吉田登装幀本


9吉田集合写真
[註]カラー写真説明中にある」<吉田淳三>は前回の『WWWに残った足跡 1 重本 正』にある「3711会だより 京都府立洛北高校11回卒同窓会のブログ」中に出ている<吉田淳三>である。



 
紙飛行機
クリックすればメール・ホームが開きます。
本記事に対するご意見を下さい。     
















































WWWに残った足跡
1重本正

重本 正(1943〜2009.8.22)

オルセー美術館で1988年に撮影された写真(左右反転) 
(重延浩のBLOG「表参道からのメッセージ」から)
ys20160425.jpg

 前列左から5人目に立っているのが、重延浩氏。彼の左はジャンヌ・モロー[2017年7月31日午前、パリ8区の自宅アパートメント内で倒れた状態で亡くなっているのを家政婦が発見した。その後、代理人とパリ8区長によって死去が発表された。調査結果によれば老衰。89歳没]。その左がカメラマンの重本正。三人が手を組んでいるように写っている。
この3人の左右を囲んでいるのは、印象派を代表する画家ピエール・オーギュスト・ルノワール、ポール・セザンヌ、ポール・ゴーギャンの血を引く曾孫たちである。
 重本正の左で手を組んでいるのはソフィー・ルノワール。画家ルノワールの曾孫。重本正は両手に花。重延浩の右隣が、ポール・ゴーギャンの曾孫メット・ゴーギャン。メットの右から顔をのぞかせている男性がポール・セザンヌの曾孫フィリップ・セザンヌである。


jaz3216 ざっくり & about
「2010-11-23 イタリアへ・・・須賀敦子静かなる魂の旅」より
 河出書房新社から「須賀敦子 静かなる魂の旅」と題した永久須賀敦子_静かなる魂の旅保存ボックスDVD+愛蔵本が出版されておりその映像を使いながらの講演であった。
イタリアの寒村の中世そのままの風景。
その風景に魅せられイタリア人と結婚する魂の動きそれが今井信子さんのヴィオラ演奏の調べに乗り想像を絶するほどの美しい作品にできあがっている。
もちろん重延氏のポイントはボクら凡人が思いつかない須賀さんへの深い思いに溢れどこを切り取ってもふたりの・・・
いや今井さんを加えて3人の魂の鼓動を感じ取ることができた
(カメラワークはこの仕事が最後となった重本正による)


イタリアへ
BS朝日制作スタッフが、イタリア・須賀さんへの想いと、番組がどのようにして作られたか、見どころなどを語ります
【脚本・演出 重延浩より】
撮影は重本正、技術は井納吉一という、20年以上も共にチームを組む、最高の美学のチームです。
また河出書房新社の協力で制作されました。イタリアのコーディネートは文化のコーディネーターとして随一のローマ在住大貫真弓さん、制作はテレビマンユニオン三戸浩美が務めています。皆、須賀敦子さんの愛読者です。
【プロデューサーより】
朗読の原田知世さん、数々の美術番組のカメラを担当している重本正さん、番組に客観的な視点を加えるナレーションの湯浅真由美さん、音楽の今井信子さん。須賀敦子さんの「魂」をテレビ番組で伝えたいというそれぞれの思いが結実した番組です。秋の夜長に、是非、ゆっくりとした気持ちでご覧いただきたいと思います。
(BS朝日 有賀史英)


3711会だより 京都府立洛北高校11回卒同窓会のブログ

『ゲーテのイタリア紀行』
今年の冬は記録的な大雪が降り、日本海側の地方は大変な状況のようです。皆さんはいかがですか?
さて今日の案内は同級生の重本正さん(テレビマンユニオン)制作の番組が、以下の通り放送されるとのことです。
1月28日(土)午後8時から10時半まで、BS日本テレビゲーテのイタリア紀行 『君よ知るや南の国』
2月・3月にも再放送があるとのことです。
重本さんから吉田(惇三)さんを経て連絡いただきました。
見られたら感想など書き込んでもらえたら……。  
宇田 2006年1月23日 (月)。

『静かなる魂の旅』
『ゲーテのイタリア紀行』に続き、テレビマンユニオン重本 正さん(3年6,7?組)撮影の新作ON AIRの案内が彼より届きました。
本年度文化庁芸術祭参加作品 [11月5日(日)20:00~21:55 BS朝日]      
『イタリアへ・・須賀敦子 静かなる魂の旅(全3回)  第一話 トリエステの坂道』
「…… 須賀さんのこの著書は、恐ろしいほどの洞察力をもった、そして限りなく優しい人間文学だった。私は出演者が誰も出ない、テレビエッセイともいうような新しい表現手法を試みてみた。この番組が皆さんの心を動かすことが出来たとしたら、それは須賀さんの透明な明るさを伝えてくれた撮影の○○ ○さん(重本氏のFAXではここ伏字。謙虚な!)らのおかげである。また今井信子さんの荘重で、優雅で、強靭なヴィオラ演奏が、須賀さんの静かなる魂を浮かび上がらせてくれた……。(脚本・演出重延 浩)」 
(適当に縮めたので…。 文責・吉田惇三  2006年10月12日 (木)) 

「訃報」のお知らせⅡ」
残念ながら悲しい知らせが続きました。
3711会のメンバーで、東京在住の「重本正さん」が亡くなられました。
重本正さんは1年半ほどの闘病の甲斐なく、亡くなられたとの事です。
彼はテレビの製作会社で活躍されておられました。
奥様から千葉・吉田(惇三)さんに連絡がありました。
親しくしておられた方にも、連絡がとれていないとの事で、この場で皆さんにお伝えした次第です。
心から御冥福をお祈りいたします。
通夜は8月22日(土) 午後6時
告別式は8月23日(日)午前10時~11時
式場は東京・五反田にある「桐ヶ谷斎場」
(電話03-3491-0213)です。
2009/8/17 文責 宇田


shigemoto 1960
Harry Belafonte, 1956
Banana Boat Song (Day O)




 
紙飛行機
クリックすればメール・ホームが開きます。
本記事に対するご意見を下さい。     














































虫干し 終わらず
虫干し、終わらず
 梅雨も、と〜に明けた8月7日、京都新聞文芸欄に俳人福永法弘氏の季節のエッセイがまた載った。題して「平和への遺産」
『私の父は広島で被爆した。後に、還暦間近で原爆症を発症し、3年寝たきりで死んだ。父の名は原爆死没者名簿に追加され、広島平和記念碑に奉納されている。』
とかかれたあと、俳句の無形文化遺産登録を目指す協議会が発足したことが書かれている。
『平和は何より大事だ。俳句にもその一助となる力があることを信じ、無形文化財に登録されるよう期待したい。
 <見しことを父は語らず原爆忌>  』

『平和とは、どこかで進行している戦争を知らずにいられる、つかの間の優雅な無知だ』
と書いた詩人がいることを知った。アーサー・ビナード編著「知らなかった僕らの戦争」(小学館、2017年4月)の後書きに、この一文が記されていた。この本では23人のそれぞれの戦争体験が語られている。
 何も語らずにつかの間の平和が続くことを願っている人の数はもっと多いが、どこかで進行している戦争に声を上げている人を、黙らせようとする側に知らず知らずに加担させられているのだ。

「On lâche rien」という歌が、数年前に流行った。サルコジの時代だったから、もっと前か? その後、オランド、マクロんと受け継がれてきたフランスの、「On lâche rien」で歌われていた社会状況は当時と何も変わっていない。フランスだけでなく、日本も含めた世界の状況は。
HK__Les_Saltimbanks.jpg「On lâche rien(あきらめない)」という歌に日本語の歌詞を付けたのは ボスニア人のブルキッチ・スーレイマンさんとその仲間である。彼は、イラク戦争に声を上げて反対したため、さまざまな嫌がらせを使って黙らせようとされたのだが、奥さん共々、屈することなく、決して黙らなかった。雇用主のICC外語学院の不当労働行為にも、声を上げ、あきらめず解雇訴訟(Suit over dismissal)で闘っている。
 ブルキッチ加奈子さんが「あらゆるアソシエーショニストたちのための広場」の「反戦」にしたためられた『個人に対する警察による弾圧について』という記事と、Simon ScottさんがJapan Timesに投稿した記事 ” Suit over dismissal to tackle thorny issue of language teachers’ employment status”を読んでみてください。後者の日本語訳『解職された語学講師が学校側を提訴 雇用形態が裁判の焦点に』も転載しておきました。
 「On lâche rien」の日本語歌詞はいくつかある。それらを比較して、自分が納得できる風に修整してみた。「つかの間の優雅な無知」を曝し出した結果がここにある。


On lâche rein
あきらめない俺の住んでいる安アパートから
あんたが住んでいるど田舎まで
おれたちの現実は皆同じ
あちこちで反抗ののろしがあがってる
この世界で俺たちの居場所はない
こんな顔じゃ、いい仕事は見つからない
おれたちはいい家の子じゃない
親父だってクレディットカードをなんか持ってない
ホームレス、失業者、労働者
農民、移民、不法滞在者
奴らは我らを分断したいんだ
奴らはうまくやったようだぜ
俺たちが連帯しないから
奴らは甘い汁を吸えたんだ
でも、もうおれたちが目覚めるときだ
奴らの首を落とすのだ
だから、あきらめない、あきらめない,…………

奴らは平等だといってたぜ
俺たちはバカみたいに信じてた
「民主主義」笑わせるな、冗談じゃねえ
ほんとか嘘か、よく見りゃわかる
投票用紙に価値はなく
株券が大事なのさ
ハッキリ言ってしまおう!
親愛なるバカな仲間たちよ
俺たちははめられちまったんだよ!
奴らにとって人権なんて価値はなく
エアバス一機売るのが大事なのさ
一言でいってしまえば
稼ぎのためには魂まで売るってことさ
共和国は、売春国家!
世界の独裁者を客に取る
奴らのいうきれいごとはもう誰も信じない
奴らは嘘つきだ
だから、あきらめない、あきらめない,………

それは馬鹿げてるぜ、つまらね〜
平和や博愛を語るのは
ホームレスがのたれ死にし
移民たちが追っ払われているときにする話かよ
奴らは労働者にパンくずをくれてやる
労働者をなだめる常套手段だ
この社会で大切なのは財界のお偉方
かれらは、社会の貴重品
かれらは、しっかりと守られる
金持ちと権力者
奴らはつるんでいる
社長は大統領のお友達
俺たちは、みんな有権者
市民で消費者だ
目覚ましが鳴ったぞ、その時がやってきた
ゼロからやり直すのだ
闘いがある限り、希望がある
命ある限り闘える
闘っていれば、倒れることはない
立ち上がった限り あきらめはない
勝利への執念が、僕たちの血に流れてる
今、なぜ闘うか、わかるだろう
われらの考えは単なる夢じゃない
さあ、もう一つ、別世界をつくるのだ、それ以外に道はない
だから、あきらめない、あきらめない,…………



 
紙飛行機
クリックすればメール・ホームが開きます。
本記事に対するご意見を下さい。